プロフィール

ハウス屋

Author:ハウス屋
農業資材の事なら松坂屋!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間口3間奥行き40m?1

間口3間奥行き40m?1

天井パイプ1
天井パイプ2
褄


藤田志穂オフィシャルブログ

スポンサーサイト

テーマ : 農業 - ジャンル : 就職・お仕事

間口3間奥行き40m?1

間口3間奥行き40m?1


天井パイプ1
天井パイプ2
褄

規格外に理解深まる 客の95%「ふぞろいOK」/札幌市のポロの会【北海道】

 【石狩中央】流通に乗りづらい規格外野菜や果物に日の目を――と、札幌市南区で「北のふぞろいの野菜と果物を応援する会」(ポロの会)が始めた規格外の野菜と果物の店が10月末で今シーズンの営業を終えた。客へのアンケートで「規格外でも何ら問題ない」と答えた人が95%を占め、規格外(選別しない)に特化した野菜や果物の販売は一定の成果を収めた。

 南区川沿の旧道茶屋で6月27日から土・日限定で始めたポロの店は、南区の野菜と果樹農家約10戸と契約し、朝どりを選別しないで提供してもらい、それを会員が試食や食べ方を説明しながら消費者に販売した。価格は農家に付けてもらい、ポロの会は全量買い取りで引き取った。

 タマネギの「札幌黄」やカボチャの「大浜みやこ」など南区で生産されないものは、他地区から供給を受けたが、大半は店から30分圏内の農家の朝どりものだ。

 規格外だが、消費者の理解を深めるためエコファーマーの認証取得農家に限定した。販売した作物は約50種類。営業中盤から毎週のように来る客が半ばを占め、110人のアンケートでは、購買客の80%は地元の南区だが、札幌市内各区や市外からも利用していることが分かった。

 買いに来た理由は(1)安全・安心(2)新鮮(3)価格が安い(4)会の趣旨を応援したいの順。規格外品と規格品が混じって販売されていることについて、95.8%の客が「ふぞろいのままでよい」と答え、ポロの会の考えを大半が理解して買い求めている結果となった。

 代表の南信子さんは「ふぞろいでも安全・安心なものは消費者が買ってくれることが分かった。来シーズンは各作物の食べ方や保存の仕方など情報をもっと豊富に提供したい」と話す。

 ポロの会は28日午前10時30分から、旧道茶屋隣の「こみゅにてぃさろん八垂別」で、生産農家と消費者の交流会を開く。



テーマ : 農業 - ジャンル : 就職・お仕事

間口3間奥行き40m?

間口3間奥行き40m?

長さを忘れました。
立てる前
アーチパイプ差込&天井ジョイント取り付け
遊んでる?
アーチパイプ差込&天井ジョイント取り付け1

鉄骨ハウス張替え1

鉄骨ハウス張替え1

張替え2
張替え3
張替え4
張替え5
張替え6

完成
張替え7片浦レモン集荷開始 減農薬で人気上昇/神奈川・小田原市【関東】

 【神奈川・西湘】小田原市片浦地区で5日から特産の片浦レモンの集荷が始まった。今年は天候に恵まれ、品質は平年並み。園内に甘酸っぱい香りが漂う中、生産者は収穫作業に追われている。集荷は来年5月まで続く。市場やJA全農などに出荷し、集荷量は約40トンを見込んでいる。

 生産するのは50戸ほどでつくる片浦レモン部会。無農薬か減農薬で栽培されるため、安全さが特徴だ。防かび剤を使ってないため、香りも強い。傷の付いたレモンをワイン造りに活用する工夫もする。

 特定非営利活動法人(NPO法人)と協力して定期的に行う即売会では、「香りが良く皮まで使える」「安心して食べられる」などと人気で、需要も年々、右肩上がりを示す。段ボール箱で購入する消費者も多い。

 高橋秀直会長は「片浦レモンは、外国産にない香りの良さが特徴。部会で栽培管理を徹底しているので安心して食べてほしい」と話している。


鉄骨ハウス張替え

鉄骨ハウス張替え

褄張替え1
褄張替え2
張替え1

冬ニラ 高い市場評価 黒い作業台で調製/栃木・JAなすの管内【関東】

 【栃木・なすの】JAなすので、秋冬ニラの出荷が本番を迎えた。那須塩原市埼玉の礒清さん(58)は、緑色が映える黒い作業台を使い、葉の枯れや傷みを見逃さないよう工夫。妻の洋子さん(56)、母の喜枝さん(84)とともに選別作業に励んでいる。

 礒さん方は、同JA管内で最も北端に位置するニラ農家。30年以上前、冬場の仕事として休耕田を利用しニラ栽培を始めた。現在はハウス60アールで周年出荷し、ニラ一本で勝負する。

 清さんは「ニラは一年中平均して仕事ができるので安定している。作物が軽量なので高齢でも作業できることが魅力だ。今後、作る人がもっと増えていいと思う」と話す。

 同JAにら部会の部会員73人が約22ヘクタールで作付ける「那須のにら」は、棚持ちが良く、全国的にも品質はトップクラスで市場評価が高い。今後も厳しい規格設定と品質管理で「那須のにら」の産地確立を目指す。


トンネル作り

トンネル作り

これは、暖房のダクトを通す為のトンネル
トンネル

イチゴ「とちおとめ」出荷スタート 売上高5億4000万円めざす/茨城・JA北つくば【関東】

 【茨城・北つくば】JA北つくばで10月30日、イチゴ「とちおとめ」の出荷が始まった。育苗期の曇天続きの天候の影響をやや受けたものの、その後は順調に推移。昨年より3日遅い初出荷となった。JAいちご部会の松本一雄部会長は「景気の低迷で販売環境は厳しいが、良品出荷に努め、昨年実績を上回りたい」と意気込む。

 部会員は現在、58人。栽培面積は約14ヘクタール。全員がエコファーマーで、環境に優しい農業に取り組んでいる。

 出荷は来年5月末まで続き、約45万ケース(300グラム4パック入り)を見込む。ピークは1月から2月にかけて。売上高5億4000万円を目指す。



| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。